実印とは?

価格 利便性印鑑にはいくつかの種類があり、その中でも実印は身分を証明し意志を証明するために必要な印鑑です。主に大切な契約や取引をする際には実印を使用するのが一般的です。実印は個人印として使われることが多いと思っている人もいますが、実は法人印としても使われる大切な印鑑です。

では、どのようにして実印となるのかについて説明をしますが、実印は印鑑を購入しただけでは実印として使うことはできません。基本的には市区町村に登録を行い、認められた印鑑だけが実印として登録をすることが可能です。実印は印鑑一つで法律上、社会上の権利、義務などが発生し法的な効力を持つ大切な印鑑です。このような印鑑のことを実印と言い、大切な場面では必ず使用する印鑑です。逆に印鑑登録をしていない印鑑は実印とみなされないので注意をしましょう。

また、実印を作る時にはどんな印鑑でも実印になるのか不安を持っている人もいるでしょう。実は市区町村によって決まりがあるので全ての印鑑が登録できるかというとそうではありません。一般的には8ミリ以上から25ミリ以下でかけやすい素材以外のものなら登録をすることが可能です。また、姓のみではなく、名前のみの登録も可能なので覚えておくといいでしょう。

このように実印とは何かについて説明しましたが、特に契約や取引など大切な時に使用するアイテムとなるので、知識は身につけておくといいです。このサイトではその他にも通販での購入についていくつか紹介します。